2016年09月08日

Έρχεται η αλεπού 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十一章「狐が来る」2  





  ≪ Όλα νοικοκυρεμένα ≫, είπε. ≪ Ας δω και το κοτέτσι, τό' χουν καλά; ≫  
  Μόλις έβαλε στο στόμα δυο κότες, τις γνώρισε.  
  ≪ Αυτές οι κότες ≫, είπε, ≪ είναι απ' το Μικρό Χωριό ≫.  
  Ως τώρα η κοινότητα δεν φρόντιζε να φυλάξει την περιουσία της. Τα καταστήματα ήταν ανοιχτά. Ούτε ντουλάπι ούτε συρτάρι πουθενά. Ούτε ένα κλειδί.  
  Η αλεπού όμως δεν το βρήκε σωστό αυτό. Μια πολιτεία πρέπει να έχει κι έναν φύλακα. Στη θέση αυτή διορίστηκε μοναχή της. Κι έκανε πολύ καλά. Ποιος άλλος να την πάρει; Μήπως το κουνάβι, μήπως η νυφίτσα; Αυτί δεν είναι για τέτοια υπηρεσία. ≪ Είναι λωποδύτες ≫, λέει η αλεπού.  





 狐夫人こう言ったのです。「なにもかもが、きれいに片付いているわ。では、鶏小屋を見てみましょう。好い鶏が居るかしら?」 
 二羽の雌鶏を口に入れました。そしてすぐに、それが何か分かったのです。 
 「これは、雌鶏だわ。この雌鶏は、ミクロ・ホリオの雌鶏ね。」と言ったのです。 
 その時にはまだ、子供たちの村は、村の財産を見張ることに関心を持ってなかったのです。店はどれも開いていました。棚も引き出しもありません。鍵もひとつもなかったのです。 
 でも、狐夫人は、それは正しくないと思ったのです。町と言うのもは、見張り番がいなければいけないのです。見張り番には、狐夫人ただ一人が当てられていたのです。それはとても好い塩梅でした。他の誰が見張り番をするでしょう? まさか、鼬が? 毛長鼬が? あれらは、そのような任務には向いていませんよ。 「あれらは、どろぼうよ。」と、狐夫人は言いました。   





第二十一章「狐が来る」、おわり
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。