2016年09月15日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」1  





Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας



  Σε δυο μέρες η αλεπού είπε στα μικρά της. ≪ Σήμερα θα σας πάρω σε μια πολιτεία. Να προσέχετε μήπως χαθείτε, γιατί έχει οχτώ σπίτια. Πρώτη φορά θα δείτε τέτοια πρωτεύουσα. Όταν φτάσουμε εκεί, να μην κάθεστε να χαζεύετε στις πλατείες, στα φώτα και στα θέατρα. Θα πάμε ίσια στο κοτέτσι. Το 'χουν ανοιχτό, καθώς πρέπει σε μια μεγάλη πολιτεία. Κι έχει κάτι αρχοντόκοτες, που φαίνεται πως τις έχουν φυλάξει επίτηδες για την καλύτερη αλεπού. Εγώ βέβαια θα 'μαι αυτή. Ίσαμε τώρα κυνηγούσατε το ποντίκι, τον βάτραχο, τον κάβουρα, το πουλί και το σκαθάρι. Ήρθε η ώρα να γυμναστείτε και στις κότες ≫.  
  Λέγοντας αυτά κάθισε στα πίσω της πόδια κι έφερε μπροστά τη μεγάλη μαλλιαρή ουρά της.   





      七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り  

 二日後、狐夫人は自分の子供たちにこう言ったのです。「きょうは、みんなをある村に連れて行きましょうね。迷子にならない様に気をつけなさい。八軒のおうちがあるからね。あんな大都会を見るのは、お前たちには初めてだね。着いたらね、座ってしまって、ぽかんと口を開けて、広場やランプや劇場に見惚れては駄目だよ。わたしたちはね、まっすぐに、鶏小屋に行くのよ。鶏小屋は開いているからね。開いているのが、大都会には相応しいんだよ。そこにはね、よく肥えた雌鶏がいるんだよ。良い狐の為に、雌鶏たちはとっておいてあるんだと思えるの。その良い狐と言うのは、このわたしのことだねよね、きっとそうなんだね。今日まで、お前たちは、鼠や蛙や蟹や鳥や甲虫を狩って来たね。さあ、雌鶏狩りを練習する時が来たんだよ。」 
 狐夫人は、後ろ足を下ろして座り、自分の太くて毛深い尻尾を前に持って来て、こう言ったのです。
posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。