2016年09月29日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」2  





  Όποιος κυνηγός την έβλεπε εκείνη την ώρα θα έλεγε :
  ≪ Αχ, να είχα το γουναρικό σου. Εξήντα δραχμές θα του έβαζα τιμή ≫.  
  Μα ήταν τάχα εύκολο να τη δει ο κυνηγός; Όχι. Το ωραίο δέρμα της αλεπούς μας που το ζηλεύουν οι κυνηγοί και βάζει τη ζωή της σε παντοτινό κίνδυνο, αυτό το ίδιο την προστάτευε. Ο χρωματισμός της ήταν τέτοιος, ώστε να μπερδεύεται με το χρώμα του τόπου. Έμοιαζε και με τα φυλλώματα και με το χώμα και με την πέτρα. Ήταν κιτρινοκόκκινο. Στο στήθος, στην κοιλιά και στη μέση σταχτερό. Στο μέτωπο και στους ώμους λίγο άσπρο. Στα μπροστινά πόδια κόκκινο και στα αυτά μαύρο. Έτσι γλίτωσε πολλές φορές η αλεπού από τον άνθρωπο. Πολλές φορές ο κυνηγός την πήρε για κάτι άλλο, κάτι σαν γη ή κούτσουρο ή πέτρα και προσπέρασε.   





 その時の狐夫人を見た狩人は誰でも、こう言うでしょう。 
「ああ、あなたの毛衣を手に入れられたらなあ。それには、六十ドラクマの価値がありますよ。」 
 でも、狩人が狐夫人を見ることは、いったい、簡単なことかしら? いいえ。わたしたちの狐夫人の美しい毛皮。それを狩人たちは欲しがっているのですけれど。それだから、その毛皮は、狐夫人の生命を常に危険な状態にしてしまっているのです。でも、それと同時に、この美しい毛皮は、狐夫人を守ってもいるのですよ。毛皮の色彩は、その場所の色と混同するようなものだったのです。葉っぱや土や岩の色と似ていたのです。黄味がかった赤だったのです。胸と腹と腰は灰色でした。額と肩には、小さな白いところがありました。前足は赤で、耳は黒でした。そのせいで、狐夫人は、何度も、人間から逃れられたのです。狩人は、何度も何度も、他のものと狐夫人を取り違えてしまったのです。たとえば、地面とか、切り株とか石とかと間違えるのです。そして、通り過ぎてしまうのです。
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。