2016年10月06日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」3  





  Και τα εφτά μικρά της, πάλι κι αυτά το χρώμα τους τα έχει γλιτώσει. Μια φορά που κάθονταν στην άκρη της τρύπας και περίμεναν τη μάνα τους να γυρίσει από το κυνήγι, πέρασε το γεράκι από ψηλά και δεν τα είδε. Μάτι γερακιού έχει γελαστεί! Τόσο πονηρό είναι το χρώμα της αλεπούς και των παιδιών της.  
  Ως πότε τάχα θα γίνεται αυτό; Ως πότε η αλεπού θα ξεφεύγει; Ποιος ξέρει! Κάποτε θα έρθει κι η ώρα της. Γελιούνται οι κυνηγοί με το χρώμα της, μα η μύτη του σκύλου δεν χωρατεύει! Αυτή δεν μπορεί να τη γελάσει κανένας.  
  Όλα αυτά τα ξέρει η κυρά μας η αλεπού. Μα έλα που είναι νόστιμο φαγητό η κότα!  
Τι κότες ήταν εκείνες οι δυο προχτεσινές...    





 夫人の七匹の子供たち、やっぱり、その色が子供たちを助けるのです。ある時には、巣穴の端に、子供たちが座って、母さんが狩りから帰って来るのを待っていたのです。その時に、鷹が高い所を通り過ぎました。でも、鷹は子供たちに気が付かなかったのです。鷹の目は欺かれたのですよ! 狐夫人とその子供たちの色は、それ程に、巧妙なのです。 
 いつまで、そんなことが起こるのでしょう? いつまで、狐夫人が逃げられるのでしょう? 誰に分かるでしょうか。いつか、狐夫人が死ぬ時は来るのでしょうか? 狩人たちは夫人の色で騙されます。でも、犬の鼻は、欺かれないのです。犬の鼻は、誰も騙すことが出来ないのです。 
 狐夫人は、そんなことも全部を知っているのですよ。さあ、雌鶏はご馳走なのです。 
 一昨日の二羽の雌鶏がどんなだったかと言えば、… 
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。