2016年10月20日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」4  





  ≪ Εμπρός παιδιά, ξεκινάμε ≫, είπε κατά τα μεσάνυχτα. ≪ Και φρόνιμα στον δρόμο. Όπου πηγαίνω, θα πηγαίνετε. Πίσω από την ουρά μου θα περπατάτε όλα μαζί. Δεν θα βγάλετε ούτε κιχ. Και να κοιτάζετε καλά τον δρόμο για να τον μάθετε ≫.  
  Με μεγάλη προσοχή και προφύλαξη περπατούσαν αρκετή ώρα. Πήγαιναν μέσα από χαμόκλαδα κι έκαναν μεγάλους γύρους. Οι άνθρωποι έχουν τους δρόμους τους κι η αλεπού έχει τον δικό της. Έτσι έφτασαν στις καλύβες των παιδιών. Τίποτα άλλο δεν κοίταξαν στην πολιτεία, ούτε φώτα ούτε δρόμους ούτε καταστήματα, μόνο πήγαν ίσια στο κοτέτσι. Πάλι το βρήκαν ανοιχτό. Τα παιδιά δεν είχαν μετρήσει προχτές τις κότες για να δουν πως τους έλειψαν δύο. Και πάλι απόψε θα λείψουν άλλες δύο.   





 真夜中になると、夫人はこう言ったのです。「さあ、前へお出で、子供たち。出発しますよ。路では、慎重にね。わたしがいく所を、お前たちは歩くんだよ。わたしの尻尾の後ろを、みんなで一緒に歩きなさい。キュ、と言う音を出してもいけないよ。路をよく見るんだよ。覚えないと駄目だからね。」   
 大変な用心と注意を払って、随分な時間を歩きました。藪の中を通ったのです。大冒険でした。人間たちは、人間たちの路を持っています。狐も、狐の路を持っているのです。そうして、狐の家族は、子供たちの小屋に着いたのです。狐たちは、町に入っても、他の何も見入ったりしなかったのです。灯りにも目を留めませんでした。路にも目を留めませんでした。店々にも目を留めませんでした。真っ直ぐに、鶏小屋に行ったのです。狐たちには、小屋が、また開いているのが分かりました。子供たちは、きのう、雌鶏を数えていなかったのです。それで、二羽がいなくなっているのを知らなかったのです。そして、今夜、また、もう二羽いなくなるのです。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。