2016年10月27日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」5  





  ≪ Ανοίξτε τα μάτια σας να δείτε τι θα κάνω ≫, είπε η αλεπού στα μικρά.  
  Χίμηξε σε μια κότα και της έβαλε τα δόντια στον λαιμό. Έπειτα γρήγορα έπιασε μια άλλη. Άρπαξε τη μια και έφυγε. Ύστερα ξαναήρθε και πήρε και την άλλη. Το κοτέτσι αναστατώθηκε, μα ήταν αργά. Οι καημένες οι κότες κοιμούνταν βαθιά. Τι όνειρο να έβλεπαν;  
  Δυστυχισμένη κότα που είχες τη φλωροκίτρινη τραχηλιά, σαν χωριάτικο μαντίλι! Καημένε κόκορα με το μεγάλο λειρί από το Μικρό Χωριό!  
Πάνω σε έναν πεσμένο κορμό δέντρου ξεκουράζεται η αλεπού από το κυνήγι και λέει στα μικρά της: ≪ Η καλύτερη κοινότητα είναι εκείνη που δεν έχει σκύλο ≫.  





 狐夫人は、子供たちにこう言いました。「お前たち、自分の目を開けて、わたしがどうするか、見ておくんだよ。」 
 夫人は、一羽の雌鶏に襲いかかりました。首に牙を当てたのです。さらに、すばやく他の一羽を捕まえました。一羽をしっかりと掴むと立ち去ったのです。そうして、もう一度入って行って、前の一羽を取り上げました。鶏小屋は大騒ぎになりました。でも、もう遅かったのです。かわいそうな雌鶏たちは、ぐっすり眠っていたのです。どんな夢を見ていたのでしょうね?   
 運の悪い雌鶏さん、お前は、田舎のスカーフのような、鶸色のうなじをしていたね。ミクロ・ホリオから遣って来た、かわいそうな雄鶏、大きな鶏冠をしていたね。 
 狩りを終えて、狐夫人は、倒木の幹の上で、身体を休めました。そして子供たちにこう言ったのです。「ここは、一番素晴らしい村ね。犬がいないからね。」   






第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。