2016年11月03日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」1  





Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση




  ≪ Λείπουν τέσσερις! ≫ είπε την άλλη μέρα ο Γιώργος, που τον είχαν βάλει να φροντίζει για τις κότες. Εκεί που έβοσκαν ανάμεσα στα δέντρα τις μέτρησε και βγήκαν μόνο εφτά. Τί έγιναν οι άλλες; Πήγε παρακάτω, έψαξε ανάμεσα στα χαμόκλαδα κι έριξε λίγες πέτρες. Μα καμιά δεν φάνηκε.  
  ≪ Για έλα εδώ, Γιώργο ≫, φώναξε ο Δήμος που στεκόταν μπροστά στο μικρό κοτέτσι. ≪ Κοίταξε ≫.  
  Ο Γιώργος είδε κάτω στο χώμα λίγα φτερά και τα ξύλα όπου κουρνιάζουν οι κότες σκορπισμένα.  
  Όταν άκουσαν τα άλλα παιδιά εκεί κοντά πως χάθηκαν κότες, έτρεξαν στον Δήμο και στον Γιώργο. Είδαν το κοτέτσι, κοιτάχτηκαν ένας με τον άλλο κι έκαναν όλοι την ίδια σκέψη: ≪ Μας την έφτιαξε η αλεπού ≫.  
  Μα ποιος έφταιγε; Τώρα κατάλαβαν το λάθος τους. Σε ένα δάσος όπου ζουν μέσα αλεπούδες και κουνάβια άφησαν τις κότες να κουρνιάζουν μέσα σε κοτέτσι ανοιχτό.     






     飼い主たちは気づく  

 次の日、「四羽足らない!」とヨルゴスは言いました。子供たちは、ヨルゴスを雌鶏の世話の役をさせていたのです。木立の中で啄んでいる雌鶏を、ヨルゴスは数えたのです。七羽しかいませんでした。他のはどうしたのだろう? ヨルゴスはもっと下に行ってみたのです。藪の中を探してみました。ちょっと石を何個か投げてみました。でも、何も出て来ないのです。 
 「こっちへ来て、ヨルゴス。」とディモスが叫んだのです。ディモスは、小さな鶏小屋の前に立っていたのです。「見てよ。」 
 ヨルゴスは見ました。地面には、羽が少しと、雌鶏たちが留る材木が散らばっていたのですよ。 
 近くにいた他の子供たちが、雌鶏がいなくなったことを聞きつけて、ディモスとヨルゴスの所へ駆け寄って来ました。子供たちは鶏小屋を見ました。そして、お互いを見つめ合ったのです。皆んな、同じことを考えました。「狐の仕業だ。」 
 けれども、誰の所為? やっと、子供たちは、自分たちの失敗を覚ったのです。狐たちや鼬たちが棲息している森の中で、開け放った鶏小屋に、雌鶏を休ませていたのです。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。