2016年11月17日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」2  





  ≪ Να φτιάξουμε σήμερα ένα άλλο! ≫ είπαν τώρα. ≪ Ένα με ξύλα και με γερή πόρτα ≫  
  ≪ Δεν φτάνει αυτό, παιδιά ≫, λέει ο Αντρέας. ≪ Ήρθαμε στην ερημιά να καθίσουμε χωρίς σκύλο... Τώρα που την πάθαμε, καταλαβαίνουμε πόσο μας χρειάζεται αυτός ο σύντροφος ≫.  
  ≪ Να βρούμε έναν! ≫ φώναξαν τα παιδιά κι έγιναν έξαφνα χαρούμενα. Συλλογίστηκαν έναν σκύλο που θα παίζει μαζί τους που θα ξαγρυπνά και θα είναι φύλακας. Άρχισαν στη στιγμή να του βγάζουν όνομα, να τον λένε Πιστό, Σκοπό, Φλοξ, σαν να ήταν μπροστά τους.  
  ≪ Αν τον είχαμε χτες ≫, έλεγαν, ≪ θα γλίτωναν οι τρεις κότες κι ο καημένος ο χωριάτικος κόκορας ≫.  
  Μα ενώ ελεγαν αυτά πρόβαλε από τους θάμνους ο άλλος κόκορας, εκείνος που είχαν φέρει μαζί τους. Φαινόταν σαν να έλεγε: ≪Έχετε κόκορα! Δεν με βλέπετε; ≫ Και καμάρωνε όσο κανένας άλλος. Όλος ο Χλωρός, ολόκληρος ο κόσμος του φαινόταν δικός του.  
  ≪ Να, να! ≫ λέει ο Χρήστος. ≪ Να ο δικός μας. Τη γλίτωσε ≫.  
  Ο κόκορας στάθηκε λίγο με το κεφάλι ψηλά κι έκανε ένα σιγανό ≪ κο, κο, κο ≫. Για τον εαυτό του βέβαια θα μιλούσε.  





 それで、子供たちはこう言ったのです。「きょうは、ちがう鶏小屋を作ろう! 材木で作ろう、頑丈な戸があるのを作ろう。」 
 アンドレアスはこう言いました。「みんな、それでは用が足りないよ。ぼくたちは、人里離れたところに来て、犬もなしに滞在しているのだもの。今、ぼくらはひどい目に合った。ぼくたちには、一緒に暮らす犬が必要だとよく分かったね。」 
 「一匹見つけよう!」とこどもたちは叫びました。そして、突然に、陽気になったのです。子供たちは犬のことを考えたのですから。犬は子供たちと一緒に遊ぶでしょう。犬は夜通し起きているでしょう。それに、犬は護衛になるでしょう。その時、子供たちは、犬に名前を付け始めたのです。ピストス。スコポス。フロックス。まるで、目の前に犬がいるかの様ですよ。 
 子供たちは言いました。「きのう、犬がいたら、三羽の雌鶏と可哀想な田舎の雄鶏は助かっただろうね。」 
 ところが、子供たちがこんなことを話していると、藪の中から、別の雄鶏が出て来たのです。子供たちが連れて来た雄鶏でした。「きみらは雄鶏を飼ってるでしょ! ぼくが見えないの?」と言っている様でしたよ。そして、他に誰もいないかの様に威張ってました。この草地、つまり雄鶏にとっての全世界なのですけれど、それが全部自分の物だと思っていたのです。 
 ハリストスは言いました。「見て、見て。ぼくたちの鷄だ。九死に一生を得たんだ。」 
 雄鶏はちょっと立ち止まりました。頭を高く上げて、静かに「コ、コ、コ」と言ったのです。自分のことを話していたのに違いありません。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。