2016年12月02日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」3  





  Ο Χαρήστος κι ο Δήμος τότε άρχισαν να λένε ≪ το τραγούδι του κόκορα με το γεράκι ≫, που κι ο ίδιος στάθηκε και το άκουγε σαν να ήταν γι' αυτόν.

Ένας κόκορας ολάσπρος
με ψηλό λειρί,
καμαρώνει και φουσκώνει
και λιλιά φορεί
και θαρρεί πως το κοτέτσι
μόλις τον χωρεί.


Άμα βρει κανένα σπόρο
μέσα στην αυλή,
το κεφάλι του σηκώνει
και το διαλαλεί,
να το μάθουνε σε δύση
και σ' ανατολή.


Τη στιγμή που σουλατσάρει
με το βήμα αργό,
≪ Δεν ξανάειδα ≫, λεν οι κότες,
≪ τέτοιο στρατηγό ≫.
Μα κι ίδιος συλλογιέται
≪ Μωρέ τι είμαι γω! ≫


Ξάφνω βλέπει ένα γεράκι...
Αχ! Την ώρα αυτή
το βαρύ περπάτημά του
έχει μπερδευτεί
κι αστραπή μες στο κοτέτσι
τρέχει να κρυφτεί.





 その時、ハリストスとディモスは、「鷹に雄鶏」と言う歌を歌い始めました。当の雄鶏は、じっと立って、歌を聞いていました。まるで、その歌が自分の事だと言うかの様でしたよ。 

いちわのおんどり、まっしろけ 
たかいとさか、
おおいばりで、ふくらんで、
つまらないものをみにつけて、
このとりかご、はいれるかしら 
と、かんがえてる。 

にわのなかで、
なにかことがおこると、
あたまをもたげて、
それをみなにしらせる、 
にちぼつがくるよ、と
よあけがくるよ、と。 

ゆっくりなあしどりで、
ぶらりぶらりあるいていると、 
めんどりたちがくちぐちにいう。
「こんなしょうぐん、にどとみないよ。」
おんどりはかんがえる、
「ねえ、わしはなんなんだい!」 

とつぜん、たかがあらわれた… 
ああ! そのとき、
おんどりのどうどうとした
あしどりはみだれてしまった、 
でんこうせっか、とりかごの
なかにまっしぐら、かくれたよ。   






第二十二章「飼い主たちは気づく」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。