2016年12月09日

Οι Ζαβοπαναγήδες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」1  





Οι Ζαβοπαναγήδες



  Όταν τελείωσαν τους δρόμους τα παιδιά, πήραν τα εργαλεία και κατέβηκαν στο Μικρό Χωριό για να το δώσουν πίσω. Φτάνοντας στην πλατεία είδαν τον Ζαβοπαναγή. Είχε πάρει με τη γνώμη του άλλους τέσσερις χωριανούς. Φώναζαν κι αυτοί στον προεστό πως τον δρόμο δεν πρέπει να τον διορθώσουν οι κάτω χωριανοί, μα οι χωριανοί της απάνω συνοικίας.  
  Όλοι ≪ πρώτο μεν ≫ έλεγαν.  
  ≪ Πρώτο μεν, ο νόμος το λέει αλλιώς ≫.  
  ≪ Πρώτο μεν ≫ ( πάλι πρώτο μεν! ) ≪ αν περάσει ο δρόμος λίγο παραπάνω μας παίρνει τρεις πιθαμές κτήμα ≫.  
  ≪ Τρεις πιθαμές πέτρα ≫, είπε ο προεστός.  
  ≪ Πέτρα-ξεπέτρα είναι κτήμα μας ≫  
  ≪ Τότε ας μη σας πάρει την πέτρα, ας περάσει απέξω ≫.  
  ≪ Να περάσει απέξω; Καλά ≫, έλεγε ο Ζαβοπαναγής. ≪ Μα έλα δω: Πρώτο μεν... ο νόμος, τι λέει ο νόμος; ≫   





          ひねくれパナギスたち     

 子供たちは、路を造り終わると、道具を手に持って、ミクロ・ホリオに降りて行きました。道具を返すためです。広場に着くと、ひねくれパナギスを見たのです。パナギスは、他の四人の村人の意見を聞いて来ていたのです。彼らは、村長に怒鳴っていました。下の村の者が路を修繕しなくてはいけないなんてことはない、でなくて、上の村落の者たちが修理すべきだ、と言っていたのですよ。
 皆が言いました。「第一に、」
 「第一に、法がそうなっている、そうでないなら、」 
 「第一に、」( また、第一に、と言ってますよ。 ) 「路が自分たちの上を通れば、3ピサミを地所に取る。」
 「3ピサミ[ 長さ ]の石だ。」と、村長は言いました。 
 「石も石くれも俺らのものだ。」 
 「それなら、路がお前たちに石を持って行かない様にさせよう。外を通らせよう。」 
 「外を通るって? いいだろう。」と、ひねくれパナギスは言いました。「ま、見よう。第一に、…、法、、、法は何と言ってるんだ?」
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。