2017年01月06日

Οι Ζαβοπαναγήδες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」2  





  Κι αυτός δεν ήξερε τι λέει. Ωστόσο έβγαλε από τον κόρφο του μια φυλλάδα. Κι επειδή δεν ήξερε να τη διαβάσει, την κοπάνιζε μέσα στις δυο παλάμες του. Φώναζε πως αυτός εννοεί να πάει με τον νόμο.  
  Ζαβοπαναγής ήταν με τ' όνομα. Για το πείσμα του μπορούσε να χαλάσει το χωριό. Όλα τα κοινοτικά έργα τα κυνήγησε. Και όμως άμα τον λένε Ζαβοπαναγή θυμώνει και σηκώνει τη μαγκούρα του. Στο τέλος πήρε τους τέσσερις χωριανούς με το μέρος του. Από ένας έγιναν πέντε Ζαβοπαναγήδες. Όταν τους είδαν πέντε οι άλλοι χωριάτες εκείνο το πρωί θύμωσαν κι αυτοί.  
 ≪ Να πάτε στο καλό ≫, είπαν, ≪ Ζαβοπαναγήδες! Δεν σας χρειαζόμαστε, θα τον φτιάξουμε εμείς τον δρόμο. Περισσότερη είναι η γκρίνια σας από το καλό σας ≫  
  Ξεκίνησαν εφτά-οχτώ με τα εργαλεία και πήγαν στον χαλασμένο δρόμο. Μα ήταν αργά. Τα παιδιά τον είχαν διορθώσει μια μέρα πριν. Μήπως δεν ήταν δική τους ωφέλεια να το κάνουν; Κι αυτά περνούσαν από κει.  





 この男は、自分が何を言っているのかは、分からなかったのですよ。それなのに、懐から小冊子を取り出したのです。それでも、この男は、冊子を読むことも知らなかったのです。それで、両の掌で、冊子を叩いたのです。そして、自分は法に適っていると叫んだのです。 
 この男は、ひねくれパナギスと言う呼名で知られていました。この男の強情は、村を潰しかねなかったのです。共同の仕事は、すべて、この男は、撥ね付けるのです。けれども、ひねくれパナギスと呼ばれると、直ぐに、腹を立てて、へそ曲がりを見せるのです。そして、とうとう、四人の村人を味方にしました。一人から、五人のひねくれパナギスになったのです。その日の朝、他の村人は、五人を見ると、怒り出したのです。 
 村人たちは言いました。「よしいいだろう、ひねくれパナギスども! お前らは要らない。わしらが路を造ろう。お前らの好い所なんかほとんどない、お前らは愚痴ばっかりだ。」 
 そして、七、八人の村人が道具を持って出掛けて行きました。壊れた路のところへ行ったのです。でも、遅かったのです。子供たちが、一日前に、もう修繕していたのです。もしかしたら、そうすることは、子供たちの得にはならなかったのでしょうか? でも、子供たちは、そこを通って来たのですよ。   




第二十四章「ひねくれパナギスたち」、おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。