2017年01月13日

Η γριά Χάρμαινα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」1  






Η γριά Χάρμαινα


  Ενώ ανέβαιναν για το Χλωρό, συνάντησαν μια γριά φορτωμένη ένα δεμάτι κλαδιά.  
  Ήταν η βάβω η Χάρμαινα, η πιο γριά που υπάρχει στο Μικρό Χωριό. Λένε πως είναι ενενήντα χρόνων, μια η ίδια δεν θυμάται πόσο είναι. Κι όμως δεν μπορεί, λέει, να ζήσει χωρίς δουλειά. Θα δουλεύει ώσπου να την πάρει ο Θεός.  
 ≪ Καλημέρα, κυρούλα ≫, της φώναξαν.  
 ≪ Η ώρα η καλή, αγγόνια μου ≫, απάντησε.  
 ≪ Είσαι καλά, κυρούλα; ≫  
 ≪ Τι καλά να είμαι 'γω, παιδιά μου! Μόνο δόξα να 'χει ο Θεός. Άχ, ας ξαποστάσω λίγο ≫.  
  Απόθεσε το μικρό της φόρτωμα στο πεζούλι κι αναστέναξε η κυρούλα η καημένη. Αναστέναξε από τον κόπο κι από τα χρόνια. Είχε βαρεθεί να ζει. Έτσι λέει. Κι όμως αν ερχόταν ένας να της πάρει και τη ζωή και το φόρτωμα δεν θα 'δινε ούτε το ένα ούτε το άλλο. Όσο κανείς στέκει στα πόδια του, είναι πάντα η ζωή καλή.






           ハルミナおばあちゃん  

 ハロロに向かって登っている途中、子供たちは、小枝の束を背負った老女に出会ったのです。 
 ハルミナばあばでした。ミクロ・ホリオで、一番の年寄りなのです。九十歳だと言われていたのですよ。でも、本人はどれくらい生きてるか覚えてないのです。それでもね、ばあばは、働かないと生きてはいけない、と言うのです。神様が、ばあばを連れて行くまで、働くのでしょうね。 
 「こんにちわ、おばあさま」と子供たちはばあばに呼び掛けました。
 「いいおひよりだね、かわいいぼうやたち」と答えました。 
 「お元気ですか? おばあさま」 
 「わたしは、とっても元気だよ、ぼうやたち。神様のおかげさまだよ。ああ、わたしは、すこし休もうかな。」 
 ばあばは、小さな荷物を石畳に降ろしました。そして、貧しいおばあさまは、溜息を吐いたのです。苦労と年で、溜息を吐いたのです。ばあばは、生きるのにもうんざりしていたのです。そうして、話し始めました。けれども、もし、誰かが、ばあばに命と荷物を持って来たとしても、命も荷物も与えはしないのです。誰でも、自分の足で生きていけば、きっと、良い人生になるのです。 
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。