2017年01月19日

Η γριά Χάρμαινα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」2  





  Από τη ζώνη της γριάς κρεμόταν ένα μικρό μπουκαλάκι που είχε μέσα λάδι.  
 ≪ Κι από που έρχεσαι, κυρούλα; ≫  
 ≪ Η χάρη της! Πήγα κι άναψα το καντήλι στην Αγία Ζώνη, στο ρημοκλήσι ≫.  
 ≪ Πού είναι αυτό; ≫  
 ≪ Εδώ που ανεβαίνουμε. Είναι γκρεμισμένο. Μα ξέρεις τι παλιό; Ήμουνα σαν εσάς μικρή και κείνο είχε γκρεμιστεί. Μα εγώ πάω κι ανάβω το καντήλι της χάρης της δυο φορές τη βδομάδα. Ξέρεις πόσον καιρό βάζω λάδι σ' αυτό το καντήλι; Τριάντα χρόνια τώρα. Έχω βλέπεις δυο ρίζες ελιές. Ναίσκε. Κι Αγία Ζώνη, παιδί μου, τους δίνει πάντα καρπό για τα λάχανά μου και για το καντήλι. Και δεν κάνει, βλέπεις, να μείνει κείνο το καντήλι δίχως λάδι. Γιατί αυτό το ρημοκλήσι είναι παλιό, από παππού και προσπάππου. Κι όσο το καντήλι του είναι αναμμένο, φοβάται να βγει ο ξορκισμένος ≫.  
 ≪ Και ποιος είναι αυτός ο ξορκισμένος; ≫  
 ≪ Η ώρα η κακή του, το ξόρκι να τον πιάσει! Αράπης είναι, μακριά από δώ. Στον Αρπόβραχο κάθεται. Ναίσκε≫.  





 老女のベルトには、小さな瓶がぶら下がっていました。中には油を入れていたのですよ。 
 「おばあさん、どこから来たのですか?」 
 「ありがたいこと! わたしはね、アヤ・ゾニイに行って、カンテラに灯を点したんだよ。祠にね。」 
 「それはどこにあるのですか?」 
 「登ったところだよ。崩れ落ちているんだけれどねえ。でも、ぼうやたちは、どれくらい古いか知ってるのかい? わたしがね、ぼうやたちと同じくらいの子供だった時にも、もう崩れ落ちていたんだよ。でも、わたしはね、週に二回ね、行って、献灯の灯をカンテラに点すんだよ。ぼうやたち、わたしが、どれくらいの年月、あのカンテラに油を注いだか分かるかい? 三十年だよ。わたしはね、オリーブの樹を二本持っているんだよ。そうよ。ぼうやたち、分かるかい、アヤ・ゾニイはね、わたしのオリーブの樹にね、いつも、実をならせてくれるんだよ。ひとつには、わたしの食べ物のために、もうひとつには、カンテラのためになんだよ。わかるかい、油がないと、カンテラは用が立たないんだ。祠は古いからね。おじいさんの そのまたおじいさんの時からなんだよ。カンテラが点っているとね、魔物が恐れて出て来ないんだ。」 
 「魔物って、誰なの?」 
 「魔物には不運な日を、魔除けが魔物をとらえますように! アラピスだよ。ここからずっと多くだよ。アラポブラホに住んでいるんだよ。そうなんだよ。」
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。