2017年01月20日

『撰集抄』の一和僧都 4-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





すると、神が現れて言った。「思いは何で包んでも隠せない。お前は恨みを抱いて寺を出た。それは果まで行っても晴れはしない。本寺に戻って精進するんだ。」 
 千鳥の落とす涙の様な滴が一和を洗った。  





Τότε ο θεός εμφανίστηκε και είπε. ≪ Κανείς δεν μπορεί να κρύψει την προσδοκία του, την τυλίγοντας με κανένα. Εσύ έφυγες από τον ναόυ νιώθοντας την μνησικακία μέσα στην καρδιά σου. Και αν φτάνεις στην άκρη του κόσμου, η καρδιά σου θα δεν καθαρίσει. Επίστρεψε στο ναό σου, και αφιερώσου ≫.  
  Το βροχοπούλι έριξε μια σταγόνα. Αυτή ήταν σαν το δάκρο. Και η σταγόνα έλυνε αυτόν.  


おわり τέλος
posted by kyotakaba at 15:16| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。