2017年01月23日

エティオピア物語 第十巻 3-3

  Και γέμισε αμέσως χαρά η Μερόη : σε κάθε γένος, σε κάθε φατρία, σε κάθε γειτονιά, χόρευαν νύχτα μέρα και πρόσφεραν θυσίες στους θεούς και γέμιζαν με στεφάνια τα τεμένη γιορτάζοντας όχι τόσο για τη νίκη όσο για τη σωτηρία του Υδάσπη, του ανθρώπου που, με την ευνομία, την ευσπλαχνία και την πραότητα, ήξερε να σταλάζει στις ψυχές του λαού του τον πόθο του παιδιού για τον πατέρα.




 すると直ぐに、都市メロイは喜びで満ちたのです。どの民族でも、どの党派でも、どの街区でも、人々は夜も昼も踊り、神々に生贄を捧げたのです。それぞれの寺院も花輪で満たしたのです。それは、勝利を祝っていたのではないのです。イダスピス王の無事を祝っていたのです。遵法の精神を持ち、慈悲心を持ち、思いやりの心を持っていて、子供が父親に対して抱く憧れを、自分の国民たちに浸透させることを知っている、イダスピス王の無事を祝っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。