2017年01月24日

エティオピア物語 第十巻 4-1

  Η Περσίννα εξάλλου πρόσταξε να σταλούν στην ιερή γή έξω από την πόλη κοπάδια βόδια και πρόβατα και άλογα και γρύπες και άλλα ζώα κάθε λογής, άλλα για να ετοιμαστεί μιά εκατόμβη από κάθε γένος και άλλα για το πάνδημο συμπόσιο. Τέλος επισκέφθηκε τους Γυμνοσοφιστές στο ιερό του Πανός όπου κατοικούσαν, τους έδωσε το γράμμα του Υδάσπη και τους παρακάλεσε κι αυτή να κοσμήσουν με την παρουσία τους την πανήγυρη ανταποκρινόμενοι στην πρόσκληση του βασιλιά, αλλά εν μέρει και για χάρη δική της.



εν μέρει : κατά ένα μόνο μέρος και όχι συνολικά = μερικώς


ιερό του Πανός の Πανός 、中性の不変の名詞なのだと思う。




 そうして、ペルシナは、都市から神聖な土地へ、牛の大変な数の群れと羊の群れ、それに馬やグリフィンの群れ、その他のあらゆる動物を送り出す様に、命令を出したのです。あるものは、それぞれの種でエカトムビ( 百頭の牛の生贄 ) を用意するため、あるものは、全市民の宴会のためだったのです。最後に、裸形の賢者たちのもとを訪れたのです。パノスにある寺院です。裸形の賢者たちはそこに住んでいたのです。そして、彼らにイダスピス王の手紙を渡しました。そして、ペルシナ女王は、裸形の賢者たちに、王の招聘に応えて、彼らの臨場でお祝いに花を添える様に頼んだのです。けれども、それは、幾分かは、女王自身の為だったのです。    
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。