2017年01月25日

エティオピア物語 第十巻 4-2

  Κι εκείνοι, αφού την παρακάλεσαν να περιμένει λίγο, μπήκαν στο άδυτο για να κάμουν την καθιερωμένη προσευχή και να ρωτήσουν τους θεούς τί έπρεπε να κάμουν・ λίγο μόνο έλειψαν και, όταν επέστρεψαν, μίλησε μόνο ο προκαθήμενος του συνεδρίου Σισιμίθρης, ενώ οι άλλοι παρέμειναν σιωπηλοί. ≪ Περσίννα ≫, είπε, ≪ εμείς μεν θα παρευρεθούμε, οι θεοί μας το επιτρέπουν・ τα θεία όμως προαναγγέλλουν κάποια αναστάτωση και ταραχή που θα προκληθεί την ώρα των θυσιών και η κατάληξή της θα είναι καλή και ευχάριστη : φαίνεται πώς ένα μέλος του σώματός σας ή ένα μέρος της βασιλίας σας έχει χαθεί και το πεπρωμένο πρόκειται να σας εμφανίσει τότε το ζητούμενο ≫.





 裸形の賢者たちは、女王に少し待って呉れる様にお願いすると、聖域に入って行きました。慣例の祈禱をするためです。それから、自分たちは何をするべきかを神々に尋ねるためにです。席を開けたのは、ほんの僅かの時間でした。戻って来ると、賢者たちの協議の主席のシシミシリスが、一人でこう言ったのです。その間、他の賢者たちは、沈黙していました。「ペルシナ様、私共については、出席いたしましょう。神々は私共にお許しになりました。けれども、神々は、何かの混乱と動揺を先触れておられます。犠牲祭の時に、それは起こるでしょう。そして、犠牲祭の終わりは、素晴らしいそして喜びに満ちたものになるでしょう。女王様のからだの一部、あるいは、貴女の王位の一部が失われます。そして、運命は、貴女に、望んでいたものを、やっと、見せることになるでしょう。」
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。