2017年01月26日

Η γριά Χάρμαινα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」3   





 ≪ Και πώς είναι; Είναι μαύρος; ≫  
 ≪ Μαύρος, κατάμαυρος, ένας τόσος αράπης! Εγώ τον είδα ≫.  
 ≪ Τον είδες λέει; ≫ ρώτησαν όλοι μαζί κι έσκυψαν ν' ακούσουν καλύτερα.  
 ≪ Αμ δεν τον είδα! Ξέρεις πόσα χρόνια είναι από τότε; Ήμουνα μικρή σαν και την αφεντιά σας. Ήταν ακόμα τότε οι Τούρκοι. Και καθώς βράδιαζε, κοιτάζουμε, τι να δούμε. Απάνω στον βράχο στην κορφή καθόταν και κοίταζε! Ναίσκε ≫.  
 ≪Πωπώ! ≫ έκανε ο Σπύρος. ≪ Και που είναι αυτός ο βράχος, κυρούλα; ≫  
 ≪ Είναι μακριά από 'δώ, σ' άλλο βουνό, πίσω από τον ήλιο! ≫   






 「それで、どんななんですか? 黒いんですか?」 
 「黒いさ、まっ黒だよ。アフリカ人みたいにまっ黒だよ。わたしは見たんだよ。」 
 子供たちは、みんなが一緒にこう聞いたのです。「話すのを見たんですか?」 そして、よく聞こうと身を屈めたのです。 
 「あん、見てないよ! あれから、どんだけの年数か、わかるかい? わたしはね、ぼっちゃま様たちの様に、小さかったんだよ。それじゃあ、やっぱり、トルコ人だったかな。それに、わたしたちが見てると、日が暮れて暗くなったからね。頂きの岩の上に座ってたんだよ、そして、見詰めてたんだよ! そうなんだよ。」 
 「ププウ!」とスピロスは言いました。「その岩はどこにあるのですか、おばあさま?」 
 「ここからは遠いんだよ。別の山だよ。太陽の裏側だよ。」
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。