2017年01月30日

エティオピア物語 第十巻 4-3

  Και η Περσίννα ≪ Και τα φοβερά ≫, είπε, ≪ και όλα τα άλλα θα γυρίσουν στο καλύτερο εφόσον σείς θα είστε παρόντες. Κι εγώ, όταν μάθω ότι φτάνει ο Υδάσπης, θα σας είδοποιήσω ≫. ≪ Δεν χρειάζεται καμιά είδοποίηση ≫, είπε ο Σισιμίθρης・ ≪ θα φτάσει αύριο το πρωί・ ένα γράμμα που θα λάβεις σε λίγο θα σου το μηνύσει ≫.





 すると、ペルシナはこのように言ったのです。「あなた方がお姿をお見せになれば、どんな心配ごとも、その他の事どもも。皆、良くなるでしょう。イダスピス王が到着したと分かりましたら、あなた方にお知らせするつもりです。」 シシミシリスはこう言いました。「どんな知らせも必要はありません。王は、明日の朝にはお着きになるでしょう。貴女にそれを知らせる手紙が直ぐに来るでしょう。」   


posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。