2017年02月01日

エティオピア物語 第十巻 4-5

  Η θυσία θα προσφερόταν στον Ήλιο και στη Σελήνη, τούς πιό αγνούς και πιό φωτεινούς απ’ όλους τους θεούς, και ο νόμος απαγόρευε στο γυναικείο φύλο να αναμειγνύεται, μην τυχόν, έστω και αθέλητα, μιανθούν οι τελετές・ μόνο μιά γυναίκα είχε δικαίωμα να παρευρίσκεται, η ιέρεια της Σελήνης, κι αυτή ήταν η Περσίννα : κατά το νόμο και κατά το έθιμο, ιερέας του Ήλιου ήταν ο βασιλιάς και της Σελήνης η βασίλισσα.





 生贄は、他のすべての神よりも、純真で明晰な、太陽神と月神に供えられる予定だったのです。法は、女性に、騒ぎを起こすことを禁じていました。意図していなくても、まさか、儀式が汚されないためなのです。一人の女性だけが、出席を認められていたのです。月の巫女です。それは、ペルシナでした。法と慣習では、太陽の神官は王で、月の巫女は女王だったのです。 
posted by kyotakaba at 16:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。