2017年02月02日

エティオピア物語 第十巻 4-6

  Ορμή λοιπόν ακατάσχετη είχε κυριέψει τους πολίτες : το ίδιο βράδυ, χωρίς κάν να περιμένουν την ορισμένη μέρα, πέρασαν τον Ασταβόρρα ποταμό, άλλοι από τη γέφυρα, άλλοι με πορθμεία κατασκευασμένα από καλάμια ― πλήθος τέτοια σκάφη λικνίζονταν δεμένα σε πολλά σημεία της όχθης για να διευκολύνουν τη διαπεραίωση των πολιτών που έμεναν μακριά από τη γέφυρα・ είναι δε ταχύτατα και εξαιτίας του υλικού τους και επειδή είναι ελαφρά : το πολύ να σηκώνουν το βάρος δύο-τριών ατόμων・ για να τα φτιάξουν, κόβουν εγκαρσίως ένα καλάμι στα δυό και κάθε κομμάτι του αποτελεί ένα σκαφάκι.





 そうして、押さえ切れない感情が、既に、都市の人々の心を捉えていたのです。その宵方、決まった日を待つことさえせずに、人々は、アスタボラ川を渡り、ある者たちは橋で渡り、ある者たちは葦で造られた連絡船で渡ったのです。 ― 河岸のたくさんの場所に繋がれた、とてもたくさんの小舟が揺れていたのです。それらは、橋から離れたところに住む都市の人々の通行を容易にするためにあったのです。でも、その小舟はとても速いのです。材料が軽いからなのです。重さは、せいぜい二人か三人で運べるものなのです。作るには、一本の葦を横に二つに切って、そのそれぞれが、小さな小舟になるのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。