2017年02月03日

Η γριά Χάρμαινα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」4  





  ≪ Για πες μας, κυρούλα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ ανάβει καμιά φωτιά τη νύχτα; ≫  
  ≪ Ανάβει και φωτιά πολλές φορές ≫.  
  ≪ Ακούς, Μαθιέ! ≫ λέει ο Κωστάτης.  
  ≪ Ναίσκε, σ' αυτή τη φωτιά ο ξορκισμένος καίει τα δαχτυλίδια και τα σκουλαρίκια και τα χρυσά μαλλιά των νυφάδων που άρπαξε. Φαίνονταν δα στην ανηφοριά τα πετρωμένα τους συμπεθερικά. Μόνο ας πούμε το Κύρι' ελέησαν τρεις φορές: Κύρι' ελέησον! Κύρ' ελέησον! Κύρι' ελέησον! Βοηθήσε με, παιδιά μου, να φορτωθώ, γιατί νύχτωσα. Αχ! ≫  
  Τη βοήθησαν να φορτωθεί το δεμάτι τα ξύλα και τράβηξε σιγά τον κατήφορο.      





 「おばあさま、教えて下さい。夜に、魔物は何か灯を点すのですか?」と、コスタキスは言いました。 
 「なんども、灯を点すよ。」 
 「マシオス、聞いて!」、コスタキスは言いました。 
 「そうなんだよ。魔物はね、その灯で、指輪や耳飾りや、攫って来た花嫁の金髪を燃やすんだよ。登り坂に、石になった、あれらの親戚たちが見えるよ。「主よ、憐れみ給え」とだけ、三回言うんだよ。「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」だよ。さて、ぼうやたち、荷を背負うのを手伝っておくれ。夜になるからね。ああ!」 
 子供たちは、おばあさんが木の束を背負うのを手伝いました。それから、おばあさんは、下り坂をゆっくり進んで行きました。    




第二十五章「ハルミナおばあちゃん」、おわり
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。