2017年02月06日

エティオピア物語 第十巻 5-1

  Η Μερόη, η πρωτεύουσα της Αιθιοπίας, είναι ένα τριγωνικό νησί που περιρρέεται από τρείς πλωτούς ποταμούς, τον Νείλο, τον Ασταβόρρα και τον Ασασόβα. Ο Νείλος, φτάνοντας στην κορυφή του τριγώνου, σχίζεται στα δυό, ενώ οι δύο άλλοι περνούν πλάι στις δύο πλευρές του και πάλι ενώνονται για να χυθούν στον Νείλο χάνοντας και το ρεύμα και το όνομά τους.



περιρρέω : ρέω ολόγυρα





 エティオピアの首都の、メロイの都市は、三角の島なのです。船が通れる様な大きな河、ナイルとアスタボラ、アサソバの三本の河が、周りを取り巻いて流れているのです。ナイル河は、三角の頂きに到達すると、二つに分かれるのです。他の二つの川は、三角の側面の側を通って、また、合わさるのです。そしてナイル河に流れ込むのです。そして、独自の水路も名前も失くすのです。
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。