2017年02月07日

エティオピア物語 第十巻 5-2

  Το νησί είναι τόσο μεγάλο ( τρείς χιλιάδες στάδια είναι το μήκος και χίλια το εύρος του ), ώστε μοιάζει με ήπειρο και τρέφει τεράστια ζώα, μεταξύ των οποίων και ελέφαντες, και έχει γή κατάλληλη για να φυτρώνουν δέντρα που ξεχωρίζουν για το μέγεθός τους. Πανύψηλες φοινικιές κάνουν τεράστιους και εύγευστους χουρμάδες και τα στάχυα του σιταριού και του κριθαριού ψηλώνουν τόσο, ώστε καλύπτουν άνθρωπο πάνω σε άλογο και κάποτε πάνω σε καμήλα και, ως πρός τον καρπό, αποφέρουν ώς τριακόσια το ένα・ όσο για τα καλάμια, έχουμε ήδη πεί πόσο χοντρά είναι.





 島はとても大きかったのです。( 縦に、三千スタディ。幅は一千スタディでした。 ) それだから、内陸の様でした。たくさんの生き物を生かせていたのです。その中には、象もいました。それに、その大きさで、目立つ様な樹々が生えるのに適した土地だったのです。とても背の高い椰子の樹は、巨大で美味な椰子の実をつけるのです。小麦と大麦の穂は、とても高くなって、馬に乗っている人間も覆い隠す程なのです。時には、駱駝に乗った人間でも覆い隠すのです。そして、実については、一茎に三百が成るのです。葦については、とても太いと、既に、述べました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。