2017年02月08日

エティオピア物語 第十巻 6-1

  Όλη νύχτα λοιπόν οι κάτοικοι της Μερόης περνούσαν από διάφορα σημεία το ποτάμι σπεύδοντας να προύπαντήσουν τον Υδάσπη και να τον υποδεχτούν επευφημώντας τον σαν θεό. Και ενώ οι πολίτες τον προϋπάντησαν κάπως πιό μακριά, οι Γυμνοσοφιστές τον συνάντησαν λίγο πρίν από την ιερή γή, του έσφιξαν το χέρι και τον ασπάστηκαν・ μετά από αυτούς τον υποδέχτηκε η Περσίννα που περίμενε στα προπύλαια του ναού, μέσα από το τείχος.





 そうして、メロイの住人たちは、一晩中、あらゆる所から河を渡り、イダスピス王を出迎えようと、急いで駈けて行ったのです。王を神の様に喝采して迎えようとしていたのです。市民たちはやや離れて王を出迎えました、一方、裸形の賢者たちは、神聖な土地の直ぐ前で、王に会ったのです。そして、手を強く握って、抱きしめたのです。裸形の賢者たちの後ろで、ペルシナは王を出迎えました。女王は、城壁の中の神殿の門で待っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。