2017年02月09日

エティオピア物語 第十巻 6-2

  Και αφού πρόσπεσαν και προσκύνησαν τους θεούς και τέλεσαν τις ευχαριστήριες ευχές για τη νίκη και τη σωτηρία, βγήκαν έξω από τον περίβολο για να προσφέρουν τη δημόσια θυσία και κάθισαν σε περίοπτη θέση κάτω από τη σκηνή που είχε στηθεί επί τούτω στην πεδιάδα. Γιά την κατασκευή της είχαν χρησιμοποιηθεί τέσσερα νεόκοπα καλάμια που είχαν στηθεί στις τέσσερις γωνίες ενός τετραπλεύρου για να τη στηρίζουν σαν κίονες και είχαν λυγισμένες τις άκρες, έτσι ώστε να συναντώνται σχηματίζοντας ένα είδος αψίδας, ενώ για ορφή είχαν χρησιμοποιηθεί κλαδιά φοινικιάς.



επί τούτω : για το σκοπό αυτό





 裸形の賢者たちは、頭を垂れ、神々に跪拝したのです。そして、勝利と無事への感謝の言葉を宣べたのです。それから、誰もが見られる生贄を供するために神域から出て来たのです。そして、舞台の下の目立つ席に座りました。それは、その為に、平地に設えられていたのです。その舞台を作るために、賢人達は、切ったばかりの葦を四本使っていました。それらは、一つの四角形の四つの角に据えられていました。柱の様に支えるためにです。先が曲がっていたので、お互いに合わさって、一つのアーチの形になっていたのです。また、表面には、椰子の枝を使っていました。
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。