2017年02月10日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」1  





Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι



  Μαύρο που είναι τα γίδια!  
  Πώς περπατάει το κοπάδι, όλο μαζί γρήγορα πολύ, σαν να βιάζεται. Μαυρίζει και γυαλίζει στον ήλιο. Όλα τα γίδια του είναι μαύρα, πίσσα. Μόνο το μαλλί του σκύλου και το ρούχο του τσοπάνη ξεχωρίζουν σ' αυτή τη μαυρίλα.  
  Μα τι μικρός τσοπάνης που οδηγεί τόσο μεγάλο κοπάδι. Να 'ναι ο Λάμπρος; Αυτός είναι.  
  ≪ Α, το αγριοκάτσικο ≫, λέει ο Φάνης. ≪ Για πάμε να του βγούμε μπροστά ≫.  
  Δεν ήταν κοντά το κοπάδι. Ο Φάνης όμως κι ο Δήμος θέλουν να δουν το βλαχόπουλο, τον αδερφό της Αφρόδως. Θα του μιλήσουν. Τάχα θα τους απαντήσει, η πάλι θα έχουμε ≪ χα ≫ και ≪ τς ≫;  
  Τράβηξαν γρήγορα και του βγήκαν μπροστά. Το κοπάδι εκείνη την ώρα είχε σκορπίσει κι έβοσκε. Από θυμάρι, αγκάθι, χορτάρι και κλαράκι κάτι μισοδάγκωναν τα γίδια. Ο Λάμπρος φώναζε ≪ τσεπ, τσεπ! έι! ≫, πετούσε πέτρες και τα συμμάζευε.    





      ラブロスは群れを率いる     

 真っ黒なのは、子山羊たちでした! 
 その群れの進んでいる様子と言ったら、急いでいるかの様に、みんなが一緒にとても速く進んでいたのです。日に灼けて、陽光に輝いていました。群れの子山羊は、みんな、黒いのです。漆黒なのです。ただ、犬の毛と、山羊飼いの服だけが、黒とは違う色をしているのです。 
 でも、大きな群れを率いているのは、なんて、小さな山羊飼いなのでしょう。おや、ラブロスではないですか? そう、彼なのです。 
 ファニスは言います。「ああ、ぶっきらぼう君だ。行って、彼の前に出ようよ。」 
 群れは、近くではないのです。でも、ファニスとディモスは、アフロドウの弟の、山羊飼いに会いたいのです。二人は、ラブロスに話し掛けるでしょうね。もしかしたら、ラブラスは、二人に、また、「は」と「チィ」と答えるかしらね? 
 二人は、道を進んで、彼の前に出ました。その時、群れは、散っていたのです。草を食べていたのです。 
 子山羊たちは、たちじゃこう草、いばら、草、小枝、あれを少し、これを少し齧っていたのです。ラブロスは叫んでいました。「ツェップ、ツェップ、イー!」 小石を投げて、集めていました。
posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。