2017年02月13日

エティオピア物語 第十巻 6-3

  Εκεί κοντά, σε μιά άλλη σκηνή, πάνω σε ψηλό βάθρο, είχαν τοποθετηθεί τα αγάλματα των πολιούχων θεών και οι εικόνες των ηρώων, του Μέμνονα και του Περσέα και της Ανδρομέδας, τους οποίους οι βασιλείς των Αιθιόπων θεωρούν γενάρχες τους・ χαμηλότερα, σαν για να έχουν πάνω από τα κεφάλια τους τις θεότητες, στο πιό κάτω σκαλοπάτι, κάθονταν οι Γυμνοσοφιστές.





 直ぐ近くに、別の舞台がありました。その高い台の上に、守護神達の像と、メムノン、ペルセウスの英雄たちと、アンドロメダの絵が置かれていました。エティオピアの王たちは、その三人を自分たちの祖先だと考えていたのです。低い方には、裸形の賢者たちが座っていたのです。まるで、下の段で、これらの神格を自分たちの頭の上に掲げているかの様でした。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。