2017年02月14日

エティオピア物語 第十巻 6-4

  Ολόγυρα είχε παραταχτεί μιά φάλαγγα οπλιτών・ ακουμπώντας στις ασπίδες τους που τις κρατούσαν όρθιες και ενωμένες μεταξύ τους, πάσχιζαν να κρατήσουν το πλήθος μακριά από το κέντρο της πεδιάδας για να μήν παρενοχλεί τις ιεροτελεστίες. Ο δε Υδάσπης, απευθύνθηκε πρώτα στο λαό αναγγέλλοντας με λίγα λόγια τη νίκη και τα υπέρ του κοινού επιτεύγματα κι ύστερα πρόσταξε να αρχίσει η τελετή της θυσίας.





 その周囲全部に、装甲歩兵の隊列を配置していました。歩兵たちは、自分たちの盾に身体を凭せ掛け、盾と一体化して、盾を何とか真っ直ぐに保たせていました。こうして、兵士たちは、平地の中心から、群衆を遠くに離しておくのに苦労していたのです。群衆が儀式を混乱させないためにそうしたのです。一方、イダスピス王は、まず、民衆に話し掛けました。短い言葉で、勝利と民衆のためになる諸成果を知らせたのです。そうしてから、生贄の儀式を始める様に命令したのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。