2017年02月15日

エティオピア物語 第十巻 6-5

  Τρείς βωμοί είχαν ετοιμαστεί σε ύψος μεγάλο : οι δύο σε χωριστό μέρος και ενωμένοι μεταξύ τους, αφιερωμένοι στον Ήλιο και στη Σελήνη, και ο τρίτος παραπέρα μόνος του, αφιερωμένος στον Διόνυσο・ σ’ αυτόν σφάζονταν κάθε λογής ζώα, μάλλον επειδή είναι πάνδημη θεότητα και ευεργετεί τους πάντες και εξευμενίζεται με πολλά και ποικίλα σφάγια. Στους άλλους όμως βωμούς, στον μεν Ήλιο οδήγησαν τέσσερα λευκά άλογα, αφιερώνοντας, ως φαίνεται στον πιό γρήγορο απ’ όλους τους θεούς το πιό γρήγορο ζώο, στη δε Σελήνη ένα ζευγάρι βόδια αφιερώνοντας, όπως είναι φυσικό, στην πλησιέστερη πρός τη γή θεότητα τους συνεργούς της γεωργίας.





 三つの祭壇が、高い大きい舞台の方に用意されていました。二つの分けられた部分は、組み合わされて一つに成っているのですが、太陽と月に捧げられているのです。三番目の祭壇は、一つだけになっていますが、ディオニソスに捧げられているのです。その祭壇で、それぞれの種の獣が、屠ふられるのです。ディオニソスは、一般的な神格なのです。それですから、数が多くて種類が豊富な生贄で怒りを鎮められ、すべてのものに慈悲を与えるのです。一方で、太陽神に捧げられた別の祭壇には、四頭の白い馬を引き入れました。他のどの神よりも速い神である太陽には、最も早い動物が相応しいと思われるので、馬を捧げたのです。月神には、一対の牛の番いが捧げられました。大地に最も近い神格である月神には、農業を共同する牛を捧げるのが、自然だからです。
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。