2017年02月16日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」2  





  ≪ Για δες, καημένε Δήμο ≫, είπε ο Φάνης, ≪ Δέκα χρόνων παιδί να κυβερνά τόσο μεγάλο κοπάδι! Μπορούσες εσύ να κάνεις το ίδιο; Εγώ δεν μπορούσα ≫.  
  ≪ Ούτε 'γώ ≫, είπε ο Δήμος.  
  Σωστά έλεγαν. Εύκολο είναι να ορίζεις διακόσια γίδια; Μόνο το πετροβόλημα που κάνει ο Λάμπρος δώθε-κείθε, η φωνή, το σφύριγμα, το τρέξιμο για να συμμαζεύει τόσο άταχτα ζωντανά, θα κούραζε κι έναν μεγάλο. Έπειτα ο Λάμπρος περπατάει τη νύχτα στις ερημές. Θα μπορούσε να κάνει το ίδιο κι ο Φάνης; Να μείνει έτσι ώρες μοναχός με ίσκιους από δέντρα κι από πέτρες μέσα στο σκοτάδι; Να που ένα βλαχόπουλο ξέρει πολλά πράγματα.





 ファニスは言いました。「見てご覧よ、可哀想なディモス君。十歳の子供が、あんなに大きな群れを操っているよ。君に同じことが出来るかい? 僕は出来ないよ。」 
 「僕も出来ない。」と、ディモスは言いました。 
 二人の言うのはもっともなのですよ。皆さん、二百頭の山羊を統べるのは、簡単ですか? ラブロスのすることと言ったら、ただ、あちらからこちらからの投石、声、口笛、走り回る、と言うことだけなのです。そうして、無秩序な家畜を集めるのです。大人でも、疲れますよ、きっと。それから、ラブロスは、夜に、人気のないところを、歩くのです。ファニスに、同じことが出来るでしょうか? 樹々と岩の影で暗い中、一人でいられますか? ほらね、この小さな山羊飼いは、たくさんのことを知っているのですよ。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。