2017年02月21日

エティオピア物語 第十巻 7-2

  Και ο Υδάσπης, καταλαβαίνοντας ότι ζητούσαν τη θυσία των αιχμαλώτων την οποία συνήθιζαν να τελούν μόνο σε περίπτωση νίκης κατά αλλοφύλων, κίνησε καθησυχαστικά το χέρι και με νεύμα τους έδωσε να καταλάβουν ότι το αίτημά τους θα ικανοποιούνταν ευθύς・ αμέσως ύστερα πρόσταξε να οδηγηθούν εκεί οι προορισμένοι για τη θυσία αιχμάλωτοι.





 イダスピス王は、民衆は捕虜を生贄に求めているのだ、と分かっていたのです。勝利の場合には、民衆は、多民族だけを生贄にすることにに慣れていたからです。それで、穏やかに手を動かして、合図で、民衆に、彼らの要求は直ぐにも満たされると、分からせたのです。そして、その直後に、生贄に、そのつもりで控えさせている捕虜たちを、連れて来るように命令したのです。
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。