2017年02月22日

エティオピア物語 第十巻 7-3

  Οδηγήθηκαν λοιπόν όλοι ― ανάμεσα σ’ αυτούς ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια ―, απαλλαγμένοι από τα δεσμά και στεφανωμένοι, σκυθρωποί βέβαια, όπως ήταν φυσικό ― ο Θεαγένης πάντως λιγότερο από τους άλλους, η δε Χαρίκλεια χαρούμενη και χαμογελαστή με το βλέμμα προσηλωμένο στην Περσίννα・ κι εκείνη δεν άντεξε να μη συγκινηθεί στη θέα της και,





 そうして、捕虜は全員が、連れて来られました。 ― その中には、テアゲニスとハリクレアもいました ― 縛めは解かれていました、そして、冠を被せられていました。全員が表情を強張らせていたのは確かです。それは当然のことなのです。テアゲニスは、他の人程には強張らせていませんでした。ハリクレアは、嬉しげで、ペルシナに視線を釘付けにして微笑んでいるのでした。ハリクレアは、自分が見た光景に感動を覚えることを抑えられませんでした。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。