2017年02月23日

エティオピア物語 第十巻 7-4

  στενάζοντας βαθιά, ≪ άχ, άνδρα μου ≫, είπε, ≪ τί κόρη είν’ αυτή που έχεις διαλέξει για θυσία! Δεν ξέρω άν ξαναείδα ποτέ τέτοια ομορφιά・ πόση ευγένεια δείχνει το βλέμμα της, με πόση μεγαλοφροσύνη υπομένει τη δυστυχία της, αλλά και τί καημός να χαθούν τέτοια ανθισμένα νιάτα! Άν είχε δώσει η τύχη να επιζήσει η μοναχοκόρη μας η αδικοχαμένη, θα ήταν τώρα στην ηλικία της.





 女王は、深い溜息を吐いて、こう言いました。「ああ、貴方。貴方が生贄に選び出した、あの娘は、何と言うことでしょう! あれ程に美しい娘をもう一度見ることがあるとは、思えませんわ。あの娘の眼差しは、相当に高貴な生まれだと、示していますわ。ひときわ優れた気高さで、自分の不運に耐えているのね。でも、この花の盛りの若い娘を失くすと言うのは、なんて悲しいことでしょう! もし、運命が、私たちの早世した一人娘を生かせてくれていたのなら、今は、この娘と同じ年頃でしょうね。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。