2017年02月23日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」3  





  Ο Δήμος κι ο Φάνης προχώρησαν κατά τον Λάμπρο, καθώς στεκόταν με την αγκλίτσα του όρθια και στημένη. Τώρα το μικρό αυτό βλαχόπουλο με τα μαύρα μάτια το έβλεπαν σαν άντρα.  
  ≪ Γεια σου, Λάμπρό! ≫ του είπαν.  
  Ο Λάμπρος αφού τους κοίταξε από το κεφάλι ως τα πόδια, απάντησε : ≪ Γεια σ' ! ≫  
  Καλά πάμε. Είπε μια λέξη.  
  ≪ Τί κάνει η Αφρόδω, καλά είναι; Ο παππούλης; ≫  
  ≪ Καλά, κι σι χαιρετάν! ≫  
  Τέσσερις λέξεις κιόλας. Ο Δήμος κι ο Φάνης κάθισαν.   





 ディモスとファニスは、ラブロスの方へ進みました。その時、ラブロスは、彼の真っ直ぐな杖を地面に立てて立っていたのです。二人は、この子供の山羊飼いを大人の男の様に感じたのですよ。 
 「こんにちわ、ラブロス、」と、二人は彼に言いました。 
 ラブロスは、二人を、頭から足までじっと見てから、「こんちわ、」と答えたのです。 
 おや、上手くいきました。ラブロスは、言葉を一つ話したのです。 
 「アフロドウはどうですか、お元気ですか? それに、おじいさまは?」 
 「元気。あんたに、よろしく」 
 もう、四つの言葉ですよ。ディモスとファニスは座りました。  





第二十六章「ラブロスは群れを率いる」、おわり 
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。