2017年02月27日

エティオピア物語 第十巻 7-5

  Άχ καλέ μου, άν ήταν τρόπος να εξαιρεθεί από τη θυσία η κόρη, θα ήταν για μένα μεγάλη παρηγοριά να την έχω στην υπηρεσία μου. Ίσως μάλιστα να είναι και Ελληνίδα η άμοιρη・ στο πρόσωπο δεν μοιάζει με Αιγυπτία ≫. ≪ Πράγματι, είναι Ελληνίδα ≫, της είπε ο Υδάσπης, ≪ και αμέσως τώρα θα μας πεί ποιοί είναι οι γονείς της・ να μας τους δείξει βέβαια δεν θα μπορούσε・ από που κι ώς πού; Άν και το υποσχέθηκε.





 「ああ、貴方様、あの娘を生贄から除く方法があるのでしたら、わたくしにとっては、とても素敵な安らぎになるでしょう。この娘をわたしの侍女にするのです。たぶん、この娘が不幸なギリシャの娘だと言うことは正しいでしょう。顔立ちは、エジプト人女性とは似ていませんわ。」 すると、イダスピス王は女王にこう言ったのです。「事実、ギリシャ人女性だ。そうして、今直ぐに、この娘は、この娘の両親が誰だかを、私たちに話すだろう。その両親を、この娘が私たちに指差して見せることは、出来はしないだろう。一体どこから、一体どうやって、出来ると言うのだ? あの娘は、そう約束したけれど。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。