2017年02月28日

エティオピア物語 第十巻 7-6

  Όσο για να γλιτώσει τη θυσία, αδύνατο, άν και θα το ήθελα βέβαια : κι εγώ, δεν ξέρω πώς, κάτι παθαίνω βλέποντάς την και την καταλυπάμαι・ το ξέρεις όμως ότι το έθιμο απαιτεί να θυσιάζεται ένας άνδρας στον Ήλιο και μιά γυναίκα στη Σελήνη. Αυτή, ως πρώτη αιχμάλωτη του πολέμου, έχει προοριστεί για τη σημερινή θυσία και το πλήθος ποτέ δεν θα δεχόταν την εξαίρεση.





 「私がそう望んだとしても、あの娘が生贄を免れると言うことは、出来ないことだ。私は、どうも分からないのだが、あの娘を見てしまったので、何だか、苦しみを感じるのだ。あの娘を失うのは、非常に悲しいのだ。だが、お前も知っている様に、習慣では、どうしても、太陽に一人の男を、月に一人の女を、生贄に捧げることが必要なのだ。この娘は、戦争での一番の捕虜なのだ、今日の生け贄に、もう決まっているのだ。それに、民衆は、例外を、決して受け容れないだろうよ。」
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。