2017年03月01日

エティオピア物語 第十巻 7-7

  Ένα μόνο θα μπορούσε να βοηθήσει, άν, ανεβαίνοντας στη γνωστή σου εσχάρα, αποδεικνυόταν ότι δεν είναι αμόλυντη από κάθε επαφή με άνδρα μιά και ο νόμος ορίζει να είναι αγνή η κόρη που προσφέρεται στη θεά, όπως βέβαια και ο άνδρας που προσφέρεται στον Ήλιο, ενώ τίποτε τέτοιο δεν προβλέπει για τη θυσία στον Διόνυσο. Πρόσεξε όμως : άν με τη δοκιμασία της εσχάρας αποδειχθεί ότι έχει έλθει σε επαφή με άνδρα, θα είναι άραγε ευπρεπές να την μπάσεις στο σπίτι σου; ≫





μια και : ( 理由の接続句 ) : なので





 「もしもだ、あの娘が、お前の有名な格子に上がって、男とはどんな接触によっても汚されてない生娘ではない、と明らかになったのなら、法は、太陽に男を捧げるのと全く同様に、純潔な娘を神に捧げると決まっているのだから、その場合だけ、あの娘は助かることが出来るだろう。ディオニッソス神には、何も生贄を捧げないのだけれどもね。だが、気を付けなさい。格子の検査で、あの娘が、既に、男と交渉があったと分かったのなら、そもそも、あの娘は、お前が自分の家に入れるのに相応しい娘なのかい?」
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。