2017年03月02日

エティオピア物語 第十巻 7-8

  Και η Πεπσίννα ≪ μακάρι να αποδειχτεί μολυσμένη ≫, είπε, ≪ φτάνει μόνο να σωθεί・ η αιχμαλωσία και ο πόλεμος και μιά τόσο μακροχρόνια απομάκρυνση από την πατρίδα συνιστούν απαλλαγή από την κατηγορία και πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν που, με την ομορφιά της, προκαλεί την εναντίον της βία, άν έχει υποστεί κάτι τέτοιο ≫.



πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν の部分、 
ここの αυτήν は、ハリクレアではなくて、その前の απαλλαγή だと思う。 

προκαλεί την εναντίον της βία の部分、 
προκαλεί の対格は、 την βία なのだと思う、この冠詞と実詞の間に、εναντίον της が挿入されているように思う。  






 すると、ペルシナはこう言いました。「どうか、あの娘が、純潔ではないことを明かしますように。あの娘が助かることになるのは、それだけなのだから。捕虜になっていること、戦争、これ程に長い間、故郷から引き離されていることは、批難から免れる理由になります。美しさの所為で、この娘に対して暴力が引き起こされる、と言うのが、まさに、まさに、その批難から免れる理由なのです。もう既に、そう言った被害を被っているとしたらですけれど。」
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。