2017年03月02日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」1  



Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας







  Ύστερα από λίγες στιγμές ο Λάμπρος, όρθιος καθώς ήταν, ρώτησε : ≪ Πού το 'χετε χαρτί; ≫  
  ≪ Ποιο χαρτί; ≫ ρώτησαν τα παιδιά.  
  ≪ Να, το χαρτί που σας μαθαίνει τα γράματα ≫.  
  ≪ Το βιβλίο θέλεις να πεις; Το έχουμε στο σπίτι. Τι να το κάνουμε εδώ; Έχουμε, βλέπεις, διακοπές ≫.  
  ≪ Τ' είν' αυτές οι διακοπές; Πράματα; ≫  
  ≪ Όχι, Λάμπρο. Θέλουμε να πούμε πως το καλοκαίρι δεν έχουμε σχολείο. Λοιπόν δεν έχουμε και χαρτιά μαζί μας. Το θέλεις τίποτα το βιβλίο; ≫  
  Δεν μίλησε. Μα σαν έσκαψε πάλι το χώμα δυο-τρεις φορές με την πατούσα του και ξεροκατάπιε, είπε ξαφνικά και δυνατά : ≪ Με μαθαίνετε την άλφα; ≫  
  ≪ Ποιος, εμείς ≫  
  ≪ Αμ, ποιος! Εσείς που ξέρετε τα γράμματα ≫.  
  Τα δυο παιδιά κοιτάχτηκαν και, σαν να συνεννοήθηκαν μονομιάς, απάντησαν και τα δυο : ≪ Ακούς, λέει, Λάμπρο! ≫   





      そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。  

 それから、直ぐに、ラブロスは、立ったままでしたけれど、尋ねたのです。「どこで、紙を手に入れたの?」 
 「どの紙?」と、二人は尋ねました。 
 「ほら、きみたちに字を教える紙さ。」
 「本のことを言いたいの? 僕たち、家に置いているよ。ここで本をどうするの? ねえ、休みなんだよ。」 
 「やすみって何さ? ものなの?」 
 「違うよ、ラブロス。夏は、学校がないって、て言いたいんだ。それでね、紙は一緒に持って来てないんだ。何か本が欲しいの?」 
 ラブロスは喋りませんでした。でも、足の裏で、二度三度、地面を掘って、また言葉を呑み込みました。そして、突然、大きな声で言ったのです。「ぼくに、アルファをおしえてよ。」 
 「誰が、僕たち?」 
 「ああ、だれって! 文字をしってる、きみたちだよ。」 
 ファニスとディモスの二人は、見つめ合いましたよ。二人は、同時に、意志が通じ合いました。そして、二人は答えたのです。「ラブロスが言ったの、聞いた!」
posted by kyotakaba at 15:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。