2017年03月15日

エティオピア物語 第十巻 9-5

  Πολύς κόσμος λυπήθηκε που μιά τετοια κόρη ήταν προορισμένη για θυσία και, μολονότι φοβούνταν την οργή της θεάς, θα χαίρονταν πολύ άν ένα θαύμα την έσωζε. Περισσότερο όμως απ’ όλους λυπόταν η Περσίννα που δεν άντεξε να μην πεί στον Υδάσπη : ≪ Άχ την άμοιρη, την κακότυχη κόρη που τόσο πολύ και σε τόσο ακατάλληλη στιγμή καμαρώνει για την αρετή της και, αντί για επαίνους πολλούς, πρόκειται να λάβει το θάνατο. Πές μου όμως, άντρα μου, δεν θα μπορούσε να γίνει κάτι; ≫ Κι εκείνος ≪ άδικα ≫, είπε, ≪ με στενοχωρείς συμπονώντας την κόρη που δεν γίνεται να σωθεί・ εξαρχής, ως φαίνεται, λόγω της εξαιρετικής φύσης της, ήταν προορισμένη να προσφερθεί στους θεούς ≫.





 民衆の多くは、この娘が前もって生贄に樹待っていたことを残念に思ったのです。神の怒りが恐いのですけれど、もしある奇跡が彼女を助けたのなら、大喜びしそうなのでした。けれども、他の誰よりも、ペルシナ女王が、一番に、悲しく思っていたのです。女王は、イダスピス王に、こう言わずにはいられませんでした。「ああ、自分の徳をとても誇っている、でも、それも、あまりに適当でない時になのですが、この不幸な悪い運命を持つ娘は、多くの賞讃の代わりに、死が捉えることになっているのですね。でも、貴方様、私の夫、わたしに教えて下さい、この娘は、何か他のものになることはないのでしょうか?」 すると、王はこう言いました。「その娘に同情して、私を苦しめるのは、道理に合っていない。その娘は、助かることはないのだ。初めから、その卓越した本性で、神々への生贄に決まるだろうとは、分かっていたのだ。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。