2017年03月17日

エティオピア物語 第十巻 9-7

  Όσο για σένα, μπορείς να μείνεις ( υπάρχουν περιπτώσεις που ένας βασιλιάς είναι υποχρεωμένος ακόμα και στην άκριτη ορμή του πλήθους να υποκύπτει ) και να τελέσεις τη θυσία αυτή που είναι μεν ανόσια αλλά και καταναγκαστική λόγω του πατροπαράδοτου αίθιοπικού εθίμου・ κατόπιν θα σου χρειαστούν καθαρμοί, αλλά ίσως και να μη σου χρειαστούν・ γιατί δεν νομίζω ότι θα τελεστεί αυτή η θυσία : διάφορα θεϊκά σημεία το μαρτυρούν και το φώς που περιχύνει τους ξένους αποκαλύπτει ότι κάποιος θεός τους προστατεύει ≫.





 「貴方については、残られても構いません。( 王であっても、大衆の無分別な怒りに屈する他にない、と言うこともありますから。 ) そして、この生贄の儀式を行われても構いません。それは、確かに、邪悪な儀式ですけれど、伝統的なエティオピアの慣習を理由にして、強いられたものなのですから。その後で、幾つもの浄めが貴方には必要になるでしょう。けれども、恐らくは、浄めは貴方には必要ないでしょうね。何故ならばです、私は、この生贄の儀式が実行されるとは、思っていないからです。様々の神からの印がそれを証明しているのです。この外国人たちに浴びせかかっている光りは、神の何方かが、この二人を守っていると言うことを、明らかにしているのです。」      

posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。