2017年03月21日

エティオピア物語 第十巻 10-2

  Στόν αγώνα μου για τη ζωή δεχτείτε να γίνετε κριτές・ γιατί θα μάθετε ότι ούτε δυνατό είναι ούτε δίκαιο να θυσιαστώ στους θεούς ≫. Κι εκείνοι δέχτηκαν με ευχαρίστηση την παράκληση και ≪ βασιλιά ≫, είπαν, ≪ ακούς την πρόκληση και την πρόταση της ξένης; ≫ Γέλασε τότε ο Υδάσπης και ≪ ποιά δίκη ≫, είπε, ≪ και για ποιό ζήτημα ανάμεσα σε μένα και σε κείνην; Ποιά πρόφαση ή ποιό δικαίωμα επικαλείται; ≫





 「わたしの人生の戦いの、判定者になる事をお引き受けになるのです。わたしが神々の生贄になる事は、ありそうもないし、正当でもない事を、賢者樣方は分かっていらっしゃる筈だからです。」 すると、賢者たちは、その依頼を喜んで引き受けました。そしてこう言ったのです。「王様、今の異国の女性の依頼をお聞きになりましたか?」 すると、イダスピス王は笑って、こう言いました。「どんな裁判なのですか? 私とこの娘の間にどんな問題があって、裁判なのですか? どんな口実、あるいは権利が、裁判の理由になるのですか?」
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。