2017年03月22日

エティオピア物語 第十巻 10-3

  Και ο Σισμίθρης ≪ αυτά ≫, είπε, ≪ θα μας τα φανερώσει η ίδια ≫. ≪ Μήπως όμως ≫, ρώτησε ο Υδάσπης, ≪ άν γίνει δίκη ανάμεσα σε μένα, το βασιλιά, και την αιχμάλωτη, φανέι το πράγμα προσβολή μάλλον παρά δίκη; ≫ ≪ Η δικαιοσύνη ≫, απάντησε ο Σισιμίθρης, ≪ δεν λογαριάζει ποιός υπερέχει κοινωνικά・ στις δίκες ένας μόνο βασιλεύει : εκείνος που υπερέχει στις αποδείξεις ≫.





 すると、シシミシリスはこう言いました。「この娘、この娘そのものが、私たちに、それらのことを明かすでしょう。」 イダスピス王は尋ねました。「もし、王であるこの私と、捕虜の女との間に裁判があるとすれば、その出来事は、裁判と言うよりも、むしろ、異議申し立ての様に思えるのだが。」 「公正さと言うものは、どちらが社会的に上位かと言うことは斟酌しません。裁判に於いては、証拠に於いて勝れている者だけが、王位に就くのです。」とシシミシリスは答えました。
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。