2017年03月24日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」3  





  
  ≪ Τούτο είναι το μικρό άλφα. Τούτο είναι το βήτα... Τούτο είναι το έψιλον... δδδ ... μμμμμμμ... δε... ο... με... θα... σου ≫.  
  Έτσι έγινε το πρώτο μάθημα. Ο Λάμπρος κοίταζε να τ' αρπάξει όλα τα γράμματα εκείνη την ώρα.  
  Όχι λοιπόν, δεν ήταν αγρίμι. Αν φάνηκε έτσι την πρώτη φορά στην καλύβα, ήταν από τη στενοχώρια του, που είδε παιδιά του σχολείου. Μήνες τώρα έχει τα γράμματα κρυφό καημό. Άκουσε πως πολλοί πιάνουν μια φυλλάδα και τη διαβάζουν από πάνω ως κάτω νερό και πως άλλοι μπορούν και μετρούν ως τα χίλια.  
  Να 'ξερε κι αυτός να μετρήσει τα γίδια του! Λέει στην τύχη πως είναι καμιά διακοσαριά, μα δεν το ξέρει. Να γιατί βλέποντας τα παιδιά πρώτη φορά ντράπηκε. Να 'ξερε να βουτήξει στο μελάνι και να βάλει τ' όνομά του, έτσι σαν τον παππούλι του τον Γεροθανάση.  
  Τι είναι αυτός τι είναι εκείνα; Τούτος δεν ξέρει άλλο από τα γίδια και τον σουγιά του, ενώ εκείνα μπορούν να βάλουν όλα τα γράμματα στη γραμμή, να τα εξηγήσουν και να πούνε και τον Απόστολο. Να τον μάθαιναν και τον Λάμπρο! Να η ώρα. Αν τα μάθει, τα 'μαθε. Τώρα, τούτο το βράδυ.  
  ≪ Φτάνει γι' απόψε, Λάμπρο ≫, του λέει ο Φάνης. ≪ Δεν μαθαίνονται όλα μαζί. Τώρα να διαβάσεις το χαρτί μοναχός σου κι αύριο πάλι θα δούμε τι έμαθες ≫.      





 「これは、小文字のアルファ。これは、ベータ。…、これは、エプシロン…、ディディディ…、ムムムムムム…、デ…、オ…、メ…、サ・スウ。」 
 最初の授業になったのです。ラブロスは、その一時間で、すべての文字を覚えようと見詰めていたのです。 
 それですから、ラブロスは、はにかみ屋ではなかったのです。小屋で最初に会ったときは、学校に通う子供たちを見て、狼狽していたからなのです。この何ヶ月間、文字は、ラブロスの密かな望みになっていたのです。多くの人が小冊子が分かり、水の様に上から下まで読んでいると聞いたのです。それに、他の人たちは、千まで数えられると聞いたのです。 
 ほら、でも、ラブロスは、山羊を数えるのを知ってましたよ! 当てずっぽうで、二百とか何とか言うのです。でも、ラブロスは、それが分かってないのです。最初に、子供たちに会った時は、恥ずかしかったから、そう言ったのです。おじいさんのゲロサナシスの様に、インクを浸す事、名前を書く事を知っていればなあ、と思ったのです。 
 それは何で、あれは何なのでしょう? ラブロスは、山羊と自分のナイフのこと以外は、知らないのです。一方、学校に通うこの子たちは、すべての文字を行の上に置く事が出来るし、説明することが出来るし、『使徒行伝』と言えるのです。二人が、ラブロスに教えてくれたら! それならいいのに。さあ、今ですよ。ラブロスは、学ぶことが出来れば、学んでいたでしょう。今なのです、この夕方なのです。 
 ファニスは、「今晩は、もう十分だよ、ラブロス。ずっと一緒に勉強はできないよ。今度は、君がひとりで文章を読むんだ。それで、明日、僕たちは、君が何を覚えたかを見ようね。」と言いました。 
 






第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」  

posted by kyotakaba at 14:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。