2017年03月27日

エティオピア物語 第十巻 11-1

  Η δε Χαρίκλεια, που ούτως η άλλως ήταν χαρούμενη για την αναμενόμενη απολύτρωση από τα δεινά της, χάρηκε ακόμα πιό πολύ σαν άκουσε το όνομα του Σισιμίυρη・ γιατί αυτός ήταν που αρχικά τη βρήκε έκθετη και την παρέδωσε στον Χαρικλή δέκα χρόνια πρίν, όταν είχε σταλεί στούς Καταδούπους ως πρέσβης πρός τον Οροονδάτη για την υπόθεση των μεταλλείων των σμαραγδιών ― τότε μεν ως ένας από τους Γυμνοσοφιστές και τώρα έχοντας αναδειχθεί πρόεδρός τους.





 一方、ハリクレアは、兎にも角にも、待ちに待った苦難からの解放に喜んでいたのですが、シシミシリスの名前を聞いて、もっと喜んだのです。彼こそが、元々、捨て子だったハリクレアを見つけたのです。そして、十年前、エメラルドの鉱山のことで大使としてオロンダティスに会う為にカタドウポスに送られた時に、彼女をハリクリスに引き渡したのでした。その時には、シシミシリスは裸形の賢者の一人だったのです。今では、賢者たちの議長に選び出されていたのです。
posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。