2017年03月29日

エティオピア物語 第十巻 11-3

  Και υψώνοντας τα χέρια πρός τον ουρανό, φώναξε δυνατά για να ακουστεί από όλους ≪ Ήλιε ≫, λέγοντας, ≪ γενάρχη των προγόνων μου, και οι άλλοι θεοί και δαίμονες που ηγεμονεύετε στο γένος μας, άς είστε μάρτυρες ότι κανένα ψέμα δεν θα πώ και βοηθοί μου στην προκείμενη κρίση. Και αρχίζω την υποστήριξη του δίκιου μου ως εξής : ξένοι, βασιλιά μου, ή και ντόπιοι ορίζει ο νόμος να θυσιάζονται; ≫ Κι όταν εκείνος αποκρίθηκε ≪ ξένοι ≫, ≪ τότε ≫, του είπε, ≪ είναι καιρός να βρείς άλλους για τη θυσία・ γιατί θα διαπιστώσεις ότι εγώ κατάγομαι από εδώ και είμαι εντόπια ≫.




 両手を空に向けて高く上げて、誰もに聞こえる様に、力強く「太陽よ」と叫んだのです。そして、こう言いました。「わたしの祖先の始祖よ、そして、他の神々とわたしたち一族を支配する幽鬼たち、あなた方は、わたしがどんな嘘も言わないことの、証言者になって下さい、それに、これから起こる危機での、わたしの救い主になって下さい。では、これから、わたし自身の弁護を始めます。王様、法は、生贄になるのを、外国人に決めているのですか? それとも、地元人なのですか?」 イダスピス王が「外国人だ。」と答えると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「では、今は、生贄に他の人を王様が探される時です。わたしはここの出身で、地元人だと言うことを、王様はお分かりになるでしょうから。」
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。