2017年03月30日

エティオピア物語 第十巻 12-1

  Κι επειδή εκείνος απόρησε και είπα ότι λέει ψέματα, ≪ για τα μικρότερα ≫, του είπε, ≪ απορείς, ενώ τα μεγαλύτερα είναι άλλα・ γιατί δεν είμαι μόνο εντόπια αλλά και έχω την πρώτη και πιό στενή συγγένεια με το βασιλικό γένος ≫. Και επειδή και πάλι ο Υδάσπης είπε περιφρονητικά ότι αυτά είναι ανοησίες, ≪ πάψε ≫, του είπε, ≪ πατέρα μου, να εξευτελίζεις τη θυγατέρα σου ≫.





 王は、当惑して、この娘は嘘を言っている、と言ったのです。すると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「まだ些細なことに、あなたは戸惑っておられます。でも、より重要なことが、別にあるのです。わたしは、ただ、地元の人間と言うだけではないのです。わたしは、王の一族と一番のとても緊密な関係があるのです。」 すると、イダスピス王は、再び、軽蔑した口調で、馬鹿馬鹿しいと言いました。そうすると、ハリクレアは、王にこう言ったのです。「お父様、あなたの娘を辱めるのは、止して下さい。」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。