2017年04月05日

エティオピア物語 第十巻 12-4

  Κάθε δίκη, βασιλιά μου, δυό μέγιστες αποδείξεις αναγνωρίζει, τα γραπτά πειστήρια και τις καταθέσεις των μαρτύρων・ και τα δυό θα σού τα παρουσιάσω για να αποδείξω ότι είμαι κόρη σου・ και ως μάρτυρα δεν θα καλέσω τον πρώτο τυχόντα, αλλά τον ίδιο το δικαστή ( γιατί η εγκυρότερη πιστοποίηση των λεγομένων είναι όσα ξέρει ο δικαστής ) και ως γραπτό πειστήριο προσάγω το γράμμα αυτό στο οποίο εκτίθεται η δική μου και η δική σας τύχη ≫.





 「王様。それぞれの裁判は、書かれた証拠と目撃者の証言と言う、二つの大きな証拠を認めるのです。わたしは、そのふたつを、あなたに提出しましょう。わたしがあなたの娘であることを、を明らかにする為にです。目撃者については、最初に偶然会った人を召還したりはしません、そうではなくて、裁判官その人を召還するつもりです。( 私が話したことについて、最も信頼出来る確証は、すべて、裁判官がご存知なのです。 ) 書かれた証拠としては、この手紙を提出します。そこには、わたし自身と、あなたの運命が暴露されているのです。」
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。