2017年04月06日

Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十九章「村の教師」 





Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα






  Καλά, του έμαθαν ας πούμε την άλφα. Τον έμαθαν να συλλάβίζει. Μα ύστερα; Κι Φάνης κι ο Δήμος νιώθουν πως δεν θα μπορέσουν να διαβάσουν το παιδί παραπέρα. Πρέπει να το πάρει κάποιος καλύτερος απ' αυτούς.  
  Φτάνοντας στις καλύβες διηγήθηκαν τι είχε γίνει.  
  ≪ Να, ένα τόσο δα μικρό είναι ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Και να δείτε πώς τα κοίταζε τα γράμματα, και πώς τα 'παιρνε ≫.  
  Όλα τα παιδιά συγκινήθηκαν μ' αυτή την ιστορία. Θέλουν να έρχεται ο Λάμπρος εκεί, να τον διαβάζει πότε ο ένας πότε άλλος.  
  ≪ Όχι, ένας να τον διαβάζει ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ποιος θα είναι αυτός; Στην στιγμή συλλογίστηκαν ποιος ξέρι τα περισσότερα γράμματα και διάλεξαν τον Δημητράκη. Αυτός θα διαβάσει το βλαχόπουλο.  
  Λοιπόν γίνεται στην κοινότητα και σχολείο.





           村の教師   

 二人が、アルファを言ってラブラスに教えたのは良かったですね。一音、一音、読むことも教えました。でも、それからは? ファニスもディモスも、自分たちは、この子にこれ以上勉強を教えることは出来ない、と思っていたのです。自分たちの中から、もっと良い人を連れて来なければならなかったのです。 
 ファニスとディモスは、小屋に着くと、何が起こったか、話したのです。 
 「ね、とても幼い子なんだよ。その子が文字をじっと見つめている様子を、文字を拾う様子を、見てごらんよ。」と、ファニスは言いました。 
 子供たちは、みんな、その話しにほろりとしました。ラブロスをここに連れて来ようと思ったのです。ここでなら、ある時には、この子、ある時には、他の子が、ラブロスに教えられるのですから。
 アンドレアスがこう言ったのです。「いや、ある一人が、ラブロスに教えよう。」 
 それは誰がいいのか知ら? 直に、子供たちは、誰が一番に文を知っているのかを、じっくり考えたのです。そして、ディミトラキスを選んだのです。彼なら、山羊飼いに教えられるでしょう。 
 こうして、村に学校が出来たのです。  





第二十九章「村の教師」、全。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。